カテゴリー
未分類

あなたの代わりはいくらでもいる

言うまでもなく、自尊心は大事です。
なぜ人には、自尊心があるのか?

それは、人間が、

「神様の作品」だから

と、思っています。

神様の作品であるから、
全ての人は、敬われるべきです。
神様が愛して創造した、というプライドが、ある。

牧師先生は、

「どんなに小さな人も軽んじるな」と教えて下さいました。

ところが、現代社会では、人は、確実に軽視されています。
「あなたの代わりはいくらでもいる」と。

なぜ、個人が置き換え可能になったのか。

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で
マックスウェーバーは複雑化した社会を「鉄の檻」と呼びました。

「精神の無い専門人、心情のない享楽人。これらが人間性のかつて達したことのない段階にまですでに登りつめた、と自惚れるだろう」

まさにニュースで見かける御用学者、数字だけ追う倫理も歴史観もない経営者、SNSに氾濫する自分の損得しか考えないコスパ野郎たちです。

複雑化した社会を統治するための合理的な官僚・政治システムが必要だが、合理性志向社会が人間をダメにする、と。
ウェーバーは見通していました。

合理性、というのは計算出来る、ということ。
すなわち、個人が数字や記号に置き換えられる、ということです。

だから、「あなたの代わりは、いくらでもいる」となる。
ただ、合理的システムを突き詰めると、結末は、人間自体が除去すべきノイズとなってしまいます。

結局のところ、個々への敬意無しには。
個への特別な感情無しには。
人間が人間らしさを失う、自尊心を持てなくなることは自明でしょう。

政治や経済システムに大きな期待は出来ません。
母体が「鉄の檻」となってしまったから。結局のところ、システムを扱うのは人間なので。そもそも、システムに頼り過ぎると、人は退化する。

社会が乱れている?ならば、今こそ、個人が輝く時だ。


聖書を読むと、神様は乱れた世を裁き・救うために、神様の人を送りました。

裁きと救いがなんなのか?それは教会に聞いて下さいw

結局のところ、このような鉄の檻になったのも、
聖書で言うところの「終末」であるからなのか。

今こそ、神様の御言葉で、個人が、自尊心を取り戻し、輝く時。

神様の愛と御言葉で、新しい社会を作る時。

世紀末救世主伝説 北斗の拳

「愛をとりもどせ」ww

カテゴリー
未分類

全集中の問い

祈って、よしっ!書くぞっ!!と気合を入れたものの。。。

モンモンモン。。。

年始だし、感謝で栄光的な内容にしようか、、日々感じているようなことにしようか、、、

さらに、もんもんもん。。。

コロナやアメリカ大統領、テレワーク、時事問題に絡めようか、、主日の御言葉や聖句から広げようか、、、

むんむんむん、、、

ん-、過去の別のブログから転載するか、、、んー、、、

聖霊様ぁぁぁ~( ノД`)…

天と離れた生活だから、何も感動が来ないのだろうか(><)涙

とかなんとか、もがくうちに、軽く1時間ww

でも、、、気付きました。

こうやって祈ってもがいて、主と繋がろうとする時間、貴いな、と。

一日の中で、どのくらい、「主と1つになろうと、主のように生きようと、深くもがく」時間があっただろう。

まさに「全集中」

今年、霊も肉も新しく、という目標が与えられたのですが。

自分の殻を破るには、自分以外の誰かのマネをしないと。

子供が成長する時って、「すげぇヤツ」に会った時なんですよね。すげぇヤツへの憧れ・感化が、変化を起こします。

すげぇヤツに会い続けて、永遠に戦闘力がアップし続けたドラゴ○ボールという漫画もありましたww

僕は、聖書を学んで、キリストってすげぇ!!となったので。

「キリストだったら、どうしただろうか、、」という問いがあまりにも重要な、人生の問いなんです。

生活に追われて、瞬間瞬間、問うことが少なかったって、ブログ投稿に悩みながら気付けた。

この問いを、生活の中でどのくらい出来るか。自分の殻を破るために、新しくなるために、柱になるために(鬼滅)w

「すげぇ!この人みたいになりてぇ!!」って人、います?

いないなら、自信をもってキリストをご紹介します☆

カテゴリー
未分類

プレゼントはクリスマス

イエスキリストの降誕祭、クリスマス。

神様は霊だから、肉体の目では見えないし、声も聞こえない。

だから、旧約時代は肉体を持った人間、預言者が送られた。

新約時代は、イエス様が神様の代弁者となった。

記録メディアもほぼ何も無いような時代に。

数年、活動されただけで、歴史に名を刻んだ。

ずっと心通じる人間がいなかったから。

語っても気付いてもらえなかったから。

神様にとっても、イエス様は格別なプレゼント。

天では、深く深い、言葉にならない喜びが、あったでしょう。

何百年、何千年、話しかけても気付いてもらえなかったら。

存在を無視されたら。気が狂ってしまうよ。

キリストの降誕(クリスマス)は、神様にとってもプレゼント。

天に喜びが満ち溢れるように。

この地上でも。キリストの降誕を愛と喜びで。

感謝と栄光を捧げます。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。